ヤギのクリニックのメーメー言ってないつぶやき

こんにちは。

クリニックが暇で暇で仕方ないなという時が多くカップラーメンを作って食べようとするときに限って患者さんが来院するパターンが激増していてそれなら朝から晩までカップラーメン作り続けてたら患者さん着続けるのかよとのびたラーメンをすすりながら真剣にダイエット中だったことを思い出す47歳68㎏院長青柳です・・・。



新型コロナウイルスワクチンの接種を開始してみて、いろいろ思うことがあるなと思っていたところ、ワクチンの出荷制限という新たな難題を突き付けられてしまって、もう気を失いそうです・・・。

ワクチンの接種については、どうしてこうしているのか、俺なりの考えがあって独自の方向を勧めていましたが、とうとうこんなことになるとはというところです。

そのことについては、その温度や、想いが正しく伝わらなさそうなのでここで書くのはやめておきます。


小児科の性質上、ワクチン接種を始めるといろいろな人がいるのだと、改めて痛感しました。
私の見た目から、営利目的ではないといっても誰も信じてもらえそうにないところですが笑、同じ気持ちを共有してくれたスタッフがものすごく頑張ってくれて成り立っています。
また、そんなスタッフに心無いことを言ってくるS玉県の人とか、わずかな休憩時間なのに、予約の30分前に「先に待ちたいから」といってクリニックに入ってくる保育園関係者とか、心を傷つけられたり、がっかりさせられたりすることも多々あるのですが、かかりつけの関係者の皆様には、温かい言葉をかけていただいたり、応援していただいたりする場面が多くなりました。
人としても医師としても、ろくでもない人間だなと思いながらも働き続けて、生き続けて、開業して9年以上になりましたが、多くの人に支えられ、育てられてきたのだなと思いました。

偶然この地域で開業したのですが、この地域の、かかりつけとして見守ってくださっている方々の心の温かさや、懐の深さのおかげで、今の私がいます。
かけてくださった感謝の言葉や、お気遣いを、一つ一つ思い出すと胸が熱くなり一人涙しました。

これから困難がいくつも待ち受けている気配が漂ってきてしまい、ものすごく不安ですが、引き続き、私にできることを必死に頑張ろうと思います。




あなたの感想をお選びください。
  • メーメー (276)
  • メ~ (9)




  :